Life Field
~皆様からの声~

Voice 07

ここでカフェをするのが運命、カルチャーに触れる場をつくる

2020.10.30掲載 佐竹 輝子(相武台団地内ひばりカフェ)

 Q1:相武台団地内で「ひばりカフェ」を経営するきっかけを教えてください。

相武台団地商店街(相模原市南区)の空き空間を活用&プロデュースすることを目的とし、公社が主催する「グリーンラウンジ・プロジェクト」に応募。第1期のカルチャーカフェとして採用いただき、2015年に相武台団地内に「ひばりカフェ」をオープンしました。

生まれは東京ですが、子どもの頃に相武台団地の近くに引っ越してきました。中学生の時に団地が完成し、近代的なマンションで親から「お金持ちの人が住む場所」と教えてもらった記憶があります。自転車に乗ったママたちが行き交い、子どもたちが沢山いていつも賑やか。広場には商店街や銀行、郵便局、薬局、スーパーがありとても便利で憧れの場所でした。子育てをしていた時は住民のように毎日団地の公園に遊びに来ていました。相武台は沢山の思い出がつまった人生で大切な場所です。

★_MG_0257_s.jpg
お菓子作りが趣味だと語る佐竹さん

Q2:カフェをやりたいと思ったのはいつ頃からですか。

3人の子育てが一段落して働き始め、50歳を過ぎたあたりからこれから残りの人生で何をしようかぼんやりと考え始めました。両親や夫を見送り、時間に余裕ができて久しぶりに相武台を散歩した時のことです。あんなに賑やかだった商店街の店が閉まり、人影もまばら。ペットボトルを持ち1人でベンチに座っているお年寄りの姿が目に留まりました。お茶が出来る場所もなくどこにも行くところがないのでしょうか。その姿は哀愁が漂って見えました。
強烈に思ったのは、高度成長期を支えてくれた年代の方たちに人生の最後にこんなに寂しそうな思いをさせて良いのか、私が出来ることはないかと考えるようになりました。私はお料理やコーヒーが好きなので、それならばお世話になったこの地でカフェをやろうと。一瞬の光景が心に刺さり、私の人生が大きく変わりました。

★_MG_0178_s.jpg★_MG_0723_s.jpg
お店の中でも特にお気に入りの2階へ続く階段の前で

Q3:相武台団地の魅力はどのようなところにありますか。

一番の魅力は広場中央にある大きな欅(ケヤキ)の木ですね。日傘のようにみなさんを包み込み、秋になれば音を立ててカラフルな落ち葉が溢れます。カフェをやると決めた後、朝昼晩と平日と週末にどのくらいの人が行き交いしているかをリサーチしました。当時の団地住民の平均年齢が70代後半だったと思います。駅前に比べたら人通りはまばらで決してカフェに適した場所ではありませんが相武台以外は考えられず、ここでカフェをやるのは運命だと思いました。
カフェ経営は全くの初心者でしたが、公社には工務店やデザイナーを紹介いただくなど、とても助けていただきました。お店はアンティーク調にして2階は教室が開催できるスペースにしました。2階に上がる階段の雰囲気はお気に入りです。表向きはカフェですが、狙ったのは人々が集いカルチャーにふれる場づくりです。皆さま高齢となり遠出が出来なくなりましたが、若い頃は仕事の合間に音楽をたしなみ、映画や観劇を楽しんできたのではないでしょうか。団地内で文化を楽しむ場所と機会を作り文化的刺激がある生活を送っていただきたいという思いがあり、ライブやイベントを定期的に開催しています。

image2.jpegimage1.jpegimage0.jpeg
相武台団地ではさまざまなイベントが開催される

Q4:これから地域とどのように関わっていきたいですか。

カフェをオープンした当初はいつまで持つかと不安でしたが5年間続けることができ、少しずつ地域の皆さまに受け入れていただけるようになってきました。「グリーンラウンジ・プロジェクト」という機会をいただき、第二の人生を充実して過ごせることに感謝の気持ちで一杯です。先日「ゆうぐれタイニング」という食事会を開催した時、5歳から93歳までの住民の方が参加してくださいました。他愛もないおしゃべりをしながらみんなで一緒にご飯を食べるのは幸せな一時です。カフェは全面ガラス戸になっているので、学校帰りの子どもたちが手を振ってくれたり、散歩をする方などいろいろな方を見守ることができます。子どもから高齢者まで、今後も大好きな相武台でみなさんが自分らしく生活できることに寄り添っていければと思います。

★_MG_0306_s.jpg
「昔のようなにぎやかな風景が戻ってきてほしいですね。」と語る佐竹さん。笑顔が素敵でした。

関連コラム:公社創立70周年企画
「皆様からの声」
ふるさとの思い出となる行事を絶やさないよう、繋いでいく 奥野 智(相武台団地)
https://www.kosha33.com/kjk70th/voice/post-8.php

「公社社員の声」
点と点をつなぎ、新しい暮らし方を提案していく仕事 一ツ谷 正範
https://www.kanagawa-jk.or.jp/outline/recruit/introduction/details.asp?id=16

相武台団地関連ページ
http://www.danchimirai.com/soubudai.html

Voice TOP
皆様からの声一覧へ

Contact
お問い合わせ

お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ