Life Field
~皆様からの声~

Voice 12

田名団地を良い場所にしたい、そう思う仲間が自然に集う 

2020.12.15掲載 左より:花形 満誉、伊藤 弘子、金井 勝男、泉 眞治、松川 眞三(相模原田名団地)

Q1:相模原田名団地(相模原市中央区)にはいつからお住まいですか。

金井 勝男(以下、金井):入居して15年になります。田名に生まれ育ちましたが、妻が他界したタイミングで団地に越してきました。2008年から5年間自治会長を務め、一旦、退きましたが2020年の4月から再び自治会長をやらせていただいています。
★_MG_1342_s.jpg
みんなから「勝っちゃん」と呼ばれ親しまれている自治会長。田名をどんどんアピールしていきたいと語る

松川 眞三(以下、松川):35年間住んでいます。金井さんが自治会長の他にいろいろな役をやられて多忙なので、会長代行として自治会の窓口的な仕事を担当しています。
伊藤 弘子(以下、伊藤):子どもが小さい頃に越してきたので35年になりました。皆さんとても仲が良く、助けていただきながら自治会の副会長をやらせていただいています。
花形 満誉(以下、花形):入居して3年目です。妻と団地の見学に来た時に皆さん挨拶をしてくれて、自治会が上手く機能して住みやすい街づくりがされていると思いました。1年目の時から副会長を頼まれて、少々驚きましたが和気あいあいと活動しています。
泉 眞治(以下、泉):気づけば越してきて37年になります。入居当時は近くに商店が並んでいて、買い物が楽だと思いました。2019年から老人会「睦会(むつみかい)」の会長をやらせていただいています
★_MG_1406_s.jpg
左から花形さん、松川さん、金井会長、泉さん、伊藤さん

Q2:記憶に残っている印象的な出来事はありますか。

金井:洗濯機置場が無く、洗濯機の排水はお風呂場に流すのですが、引っ越して3日目に、排水ホースがお風呂場から外れて排水がどんどん床にあふれ、住んでいた4階から1階まで水漏れで大騒ぎになりました。越してきたばかりで申し訳ない気持ちでどうしようと思いましたが、各階の方に寛容に接していただき心が救われました。妻の四十九日を終えたばかりで落ち込んでいたので住民の方の優しさが本当にありがたく、その時の恩返しの気持ちで自治会の活動などに取り組んでいます。
伊藤:夏祭りが盛大で驚きました。前に住んでいた地区でも夏祭りは開催されていましたが、ここは櫓(やぐら)をしっかりと組んで屋台がたくさん出て提灯がこうこうと灯り活気が違います。婦人会は盆踊りを披露します。子どもが小さい時は子連れで婦人会の活動に参加していました。今では良い思い出ですね。
★_MG_1224_s.jpg
月に2回ほど地元の公民館で子ども食堂のボランティアをしている伊藤さん
tanamaturi.jpg
2019年の夏まつり

花形:妻が外国人で開放的な住居を探していました。団地の部屋から外を見たら田名を一望できる眺めの良さで、妻が喜んでいたのを覚えています。階段の壁や玄関ドアのペンキが剥がれている場所があるので、公社にお願いして綺麗な団地であり続けるようにしていきたいです。
★_MG_1032_s.jpg
80歳には見えないお元気な花形さん

Q3:自治会や老人会、婦人会など住民パワーがある場所ですね。

松川:平成20年に金井さんが自治会長をやっていた時の役員に活動的な人が多く、任期が終わっても仲間でやっていきたいと思い「20年会友の会」を立ち上げました。「20年会友の会」がきっかけとなり21年会、22年会とそれぞれの年で会が発足し、役員を辞めた後も自治会の行事や地域のために尽力するメンバーとなっています。ここを住みやすい場所にしたいと思う仲間に恵まれ、共に活動できるのは幸せです。
★_MG_1000_s.jpg
20年会を立ち上げたことは印象深いです、と語る通称「まっつあん」

泉:老人会「睦会」には41名の会員がいて、定例会をしたりカラオケ会をしたりしています。集まると話題になるのが、どうしたら田名団地が良くなるとか、どうしたら「睦会」の活動が活発になるとか。みな歳をとってきましたが、一緒にわいわい語る場があるのは励みになります。
★_MG_1085_s.jpg
地区の老人クラブ連合会にも参加し、忙しく活動している「睦会」会長の泉さん。

Q4:田名団地を住みやすくするための抱負を聞かせてください。

金井:高齢化は進んでいますが若い世代もいらっしゃり、地域の方との交流も出来ていると思います。2019年で終了してしまいましたが相模川にワイヤーを張り約1,000匹の鯉のぼりを泳がせる「泳げ鯉のぼり相模川」や、花火大会など地域自治会が主催する行事に多くの方が参加するので、市内他地区の自治会からいつも羨ましがられます。公社から見守りサービスやコロナ感染対策など入居者のことを考えたきめ細やかな案内をいただけるのがありがたいです。生活のためになる情報なので、16の自治会が集まる田名の連合自治会でも紹介できればと思っています。
松川:少子高齢化の中で団地入居者や自治会員が減っているのは寂しいですが、公社と協力して田名団地の自治会員を増やし、縦横の結束を強めみんなで地域を盛り上げていけたら、と思います。
★_MG_1454_si.jpg
関連コラム:公社創立70周年企画
Life Field ~皆様からの声~
https://www.kosha33.com/kjk70th/voice/
Life Field ~社員紹介~
https://www.kanagawa-jk.or.jp/outline/recruit/introduction/

Voice TOP
皆様からの声一覧へ

Contact
お問い合わせ

お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ